クレジットカードローンの支払い

クレジットカードローンの支払い

借りやすく、また返しやすいのが特徴の消費者金融の中でも、初めての人でも安心して融資の申し込みができると人気なのが「アコム」です。 現在アコムでは、いくつかの金融商品を扱っていますが、一般的に利用されることが多いのがキャッシング専用の「カードローン」でしょう。 このカードでは、ATMなどを利用して、限度額内であればいつでも追加の融資が可能であり、 逆に繰り上げて返済をすることも可能であるので、緊急の際の頼れる味方として持っていても損はないカードです。

持っていても損は無いクレジットカードと言えば、 世界共通のブランドでもある「マスターカード」が一緒になった「ACマスターカード」はなお持っていれば便利です。 マスターカードのステッカーが貼られているお店やレジでは、世界どこでもこのカード一枚でクレジット払いが可能になります。 しかも、ACマスターカードなら年会費もかからないため、正に消費者金融のカードとは思えない便利さが人気です。

以上のいずれのカードも、最短で即日発行が可能となっています。 急な出費、あるいは急な買い物に備えて、いずれも思い立った時に申し込んだり利用したりできるのがとても嬉しいところです。 消費者金融と言えば、高金利、そして返済について心配される方も少なくありませんが、 アコムのカードローンで言えば、実質年率は、元金に応じて4.7パーセントから18.0パーセントで、 かつてのようなグレーゾーンの高金利ではありません。

簡単な返済の例を見てみます。 たとえば、10万円を借りたとすれば、10万円以下なら実質年率は18.0パーセントであるため、元金に対して返済日ごとに年18.0パーセントを日割りした金利で利子が計算され、元金と合わせて支払って行きます。 この時、30日ごとに1万円ずつ支払うという契約であれば、1回目は10万円に対して、365日で18.0パーセントですから30日分で1.479パーセントの利率、すなわち1479円の利子が発生することになります。 1万円から1479円を引いた8521円が元金10万円から引かれ、この内容で支払いが行われれば、次の30日後には、8521円に対して1.479パーセントの利率、つまり1353円を利子として支払うという計算になります。 その時は、1万円から1353円を引いた8647円が元金から引かれて行きます。 こうして、最終的には11回目、借りてちょうど1年後には、利子131円と残った元金8887円の計9018円を支払って完済となります。